<<前のページ304303302301300|299|298297296295294次のページ>>

12月議会閉会

2016.12.22 23:24:11

12月議会は知事提出33議案、議員提出12議案を可決・承認・同意して22日閉会しました。日本共産党は、平成27年度一般会計をはじめ8件の知事提出議案、3件の議員提出議案に反対。

平成27年度決算は閉会中に特別委員会が開かれ、私が参加し、本会議では反対討論をしました。

反対理由は、マイナンバー制度実施のため31千万円が支出されたこと、重度心身障害者医療費助成制
度について、新たに65歳以上で重い障害者となった人を対象から外したこと、八ッ場ダムへの21億円の支出、患者の反対を押し切って移転が行われた県立小児医療センターの建設移転費用138億円など指摘し、反対。予算特別委員会について、本日の議運で、公明、県民会議、共産、改革の部局別審査持ち時間が大幅に短縮されました。(自公の賛成で可決)予算特別委員会は私と前原県議が参加します。

テーマ:県議会/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

民主主義及び地方自治について

公共団体議員 各位
外 関係各位

   民主主義及び地方自治について
 標記について,下記の実例を参考送付します。
 沖縄県及び埼玉県の問題は,全国共通の重要課題です。
 今後の参考にされると幸いです。




※※参考


                       2016 年 12 月 27 日
埼玉県知事 殿
                        高 橋   努

   民主主義及び地方自治について
   (不屈の精神=承認取消しの取消しの取消しへの第一歩)
 沖縄県知事は,あくまで沖縄県全般へのバッシング及び完全KOを回避するため,取り敢えず今回はタップアウトを選んだだけであって,工事変更申請及び粉砕許可更新の拒絶等,残りの知事権限を以て第二ラウンドを画策しているとのこと。
 あらゆる法令,例規及び施策を行使して,是が非でも基地工事を阻止する猛烈なる闘志及び意欲すら見せ付けている。
 目標貫徹へ向けた強靭なる精神力は尊敬に値する。
 翁長知事は,沖縄県民の甚大なる期待を背負っている。
 一方,己で作った4選禁忌条例さえも順守できぬ脆弱なる精神のナチス=コバトン帝國総帥上田ヒトラーは,見るに堪えぬ。
 埼玉県知事には,<<一般の>>埼玉県民の誰もが期待などしていない。呆れ返っている。投票率の低さがその証左である。
 嗚呼,無情。

高橋 努 2016/12/27(Tue)11:01:47 編集

ページの先頭へ▲