<<前のページ303302301300299|298|297296295294293次のページ>>

12月2日から22日まで12月定例県議会 

2016.12.06 09:41:03

12月定例県議会が122日から22日までの会期で開かれています。
16年度の補正予算を含む28件の議案が提出されました。
一般会計補正予算は88382万円。神奈川県相模原市の障がい者施設で起きた殺傷事件をうけ、県内の社会福祉施設等に防犯カメラなどを設置するための補助費31302万円や児童相談所が保護した子供を短期間滞在させる「一時保護所」の生活環境の改善費5721万円などが計上されます。県立小児医療センターの患者家族が求めてきた医療型障害者入所施設を旧小児医療センター跡地に整備するための改修費88340万円が2年間の債務負担行為として盛り込まれました。

主な議案としては、屋外広告物の許可等の39の事務について、県の処理権限を市町村に移す条例や荒川左岸南部流域など6流域の下水道の維持管理費及び設置などに要する自治体負担額の見直し案などです。

 

テーマ:県議会/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

トキモちゃんが,泣いている。レッドアローも,泣いている。クレアモールも,泣いている。嗚呼,無情・・・。

埼玉県川越市による入札談合等の疑義について

 埼玉県川越市(市長:川合善明)の災害時用備蓄食糧の入札案件を,ここ6年間において連続11回にも亘り,株式会社カナイ消防機材が落札し続けております。
 またその際,競争相手(他の入札者)は1社のみで,その価格と落札率を勘案しても,明らかにやられ役を演じているようにしか見えません。この様態は,もはや異常を極めております。
 「入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律」(通称:官製談合防止法)に抵触していることと,相当に思料されます。しかし,川越市執行部及び川越市議会の何れも,全然追求せず,看過の連続であります。
 明白なる,癒着の温床であります。
 ここは,全国の数多の方々が,大きく取り上げ,連日に亘り激しく糾弾せねばなりません。
 川合善明川越市長のイカれっぷり,悪質加減が,今季の川越市議会定例会の質疑応答で,益々浮き彫りになった。
 共産党系川越市議会議員の柿田有一氏が,川合善明市長に対し,「今回の入札談合等の疑義に係る刑事告発に際し,市として対応はしないのか。」と質問。
 すると,川合善明市長は,「当該告発について,私はマトモなものとは思わない。よって,市として対応するつもりは毛頭ない。」などと現を抜かしている。
 挙句,当該議会において,次期川越市長選挙への出馬への強い意欲を宣言。
 どこまで,ふてぶてしくもまた,虚勢を張っているのだろうか。
 仮令,告発事態の不受理又は受理後の不起訴処分若しくは不起訴相当の審査結果が出ても尚,あれだけの疑義に基づく告発を受けて,今後の政治家生命が無事なはずなどない。
 笑止千万。
 嗚呼,無情・・・。
 トキモちゃんが,泣いている。
 レッドアローも,泣いている。
 クレアモールも,泣いている。
 川越市政の腐敗と共に,川越市の街並みも劣化する。
 各種報道で,小江戸小江戸などと連呼され,称賛されているが,毎日,その街並みを自分自身で見ている者として思う。
 クレアモール及び駅の周辺は,治安の悪さを思わせる雰囲気の悪い風俗街。
 路肩の所々に,吐瀉物が毎日,散乱している。
 小江戸の未来は,有権者=川越市民の識見にかかっている。
 嗚呼,無情・・・。

高橋 努 2016/12/19(Mon)22:25:10 編集

ページの先頭へ▲