<<前のページ290289288287285|284|283282281280279次のページ>>

重度障がい者施設を視察

2016.08.11 10:24:00

[


市議団とともに重度障がい者施設「あすなろ」を訪問し、理事長らと懇談。施設利用者は、胃ろうや人口酸素管理、たんの吸引、経鼻経管栄養など医療的ケアが必要な重度の障がい者も通所しているとのこと。看護師が常駐しているが、その人件費や送迎費などの運営に対する補助金がなく施設運営が厳しくなっている実態を伺いました。また、緊急一時預かりの施設がないことや災害時の福祉避難所との連携など課題が山積していること。特別支援学校を卒業した後の重度者の通所施設は保護者が探すことが多く、さらに医療的ケアが必要な障がい者の場合は、施設そのものが少ない現状とのことでした。そのため他市から通所する人もいます。保護者や運営者は支援を願う一方で、資源回収やさおり織などで親同士の交流や地域での交流を深め、施設を知ってもらう努力もしています。障がい者や家族が安心できる場としての施設の役割の大きさを実感し、国や県、市の支援体制の拡充が求められます。


テーマ:調査・視察/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲