<<前のページ259258257256255|254|253252251250249次のページ>>

八ツ場ダムを考える1都5県議会議員の会総会

2015.11.22 08:45:17


 挨拶する梅村さえこ衆院議員

 20日、衆議院議員会館において総会が開かれ、村岡県議と共に参加しました。梅村さえこ衆院議員が挨拶。総会後、嶋津暉之氏(水問題研究家)から「八ツ場ダムの問題点と鬼怒川堤防破堤の意味」と題して講演。9月の私の一般質問で無駄な八ツ場ダムからの撤退を指摘したら、「ダムがあったから豪雨災害はこの程度で済んだ」との答弁あり、これは国交省の考え方だということがわかりました。嶋津氏の話から、決壊しにくい堤防に強化する安価な技術はすでに用意されているが、国交省がすすめるスーパー堤防推進の論拠が失われてしまうので土堤原則を持ち出しているということ。治水対策として、内水氾濫の強化、河川・排水路の疎通能力の増強、雨水貯留浸水施設の設置、排水机上の強化が重要とのこと。八ツ場の本体工事が進捗している中で、現地視察をすることを確認しました。

テーマ:共同行動/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲