<<前のページ161160159158157|156|155154153152151次のページ>>

集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を行わないことを国に求める意見書提出へ

2014.06.20 23:17:22

  議会最終日の18日、「集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を行わないことを国に求める意見書提出」の請願について、日本共産党は紹介議員となり、請願採択のために賛成討論を行いました。日本共産党、民主党市民ネットワーク、公明党、清流越谷、刷新クラブ、保守新政の会の一部が賛成し、賛成多数で採択。意見書は、日本共産党、民主党市民ネットが提案・賛成者となり、質疑応答がありましたが、賛成多数で可決し、内閣総理大臣に提出されました。
 意見書の提案説明は、私が行いましたが、自民党市民クラブの2議員から説明案分に対する質問や集団的自衛権の必要性などについて質問があり、私が答弁に立ちました。憲法9条を守り、戦争する国は許さない立場にたつのか、安倍首相の突き進む戦争ができる国へと9条の歯止めをはずすのかが問われました。

 

テーマ:市議会/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲