<<前のページ12345678910次のページ>>

台風9号の豪雨被害について県に緊急申し入れ

2016.08.27 14:28:31

 台風9号による豪雨被害について、党県議団は24日、今後の対策について緊急申し入れを行いました。柳下団長から現地調査を行ったことが報告されました。申し入れ書は、被災者への支援を早急に進めるために、▽被害状況をすみやかに把握し、被災自治体と連携して被災者支援に万全の措置をとる▽災害救助法の適用申請を積極的に検討し、国の被災者生活再建支援制度と県の市町村被災者安心支援制度の活用を早急にすすめる▽治水対策を進めてきた河川の氾濫について、原因究明と対策を明らかにする、ことなど求めました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

無料低額宿泊所への指導強化に関する申し入れ

2016.04.19 23:35:22




19日、県議団は県福祉部長に無料低額宿泊所への指導強化に関する申し入れを行いました。県内では56の無料低額宿泊所に2815人が入所しています。この間、県は条例やガイドラインなどにより運営の適正化の確保を図ってきましたが、いまでも入所者が高額な住居費等を徴収され、就職活動もままならない現状があります。こうしたなかで4月5日に起こった川口市の事件を契機に無料低額宿泊所の適正運営について5件の申し入れを行いました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

4館目の老人福祉センター「ひのき荘」竣工式

2015.11.22 22:21:30



 22日、市内4館目の老人福祉センター「ひのき荘」の竣工式に出席しました。前市長の時、蒲生川柳地区の市議が一緒に「4館目は南部地域に」と要請した経緯もあり、その後、川柳につくることをきめて5年、ゆりのき荘オープンから13年目になります。地域の方々も待ち望んでいた施設は、共産党が議会でも提案してきた難聴者への対応として、多目的室や会議室に磁気ループが設置されました。また情報通信室もあり、自由に使えるパソコンが設置されます。「なごみの郷」にあった地域包括支援センターが「ひのき荘」の1階に入ることになり、高齢者の相談活動もしやすくなるのではと期待されます。竣工式典では、地権者の方々、建設に携わった事業者の方々に市長から感謝状が贈られました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

越谷市長が県知事に要望書提出に同席

2015.11.20 22:58:51

17日、越谷市長はじめ市関係部局が9月の関東・東北豪雨による浸水被害に関する要望書を県知事に提出。越谷選出県議も同席しました。高橋市長から①河川改修事業の早期完成について②河川の維持管理の強化について③内水排除ポンプの増強について要望が述べられました。副知事が応対しました。私は、9月議会一般質問や県土都市整備常任委員会、危機管理・大規模災害特別委員会においても豪雨災害について提案してきた経過があり、特に災害時の情報共有、住民への情報伝達等を徹底し減災に努めることや調節地の配置等について求めました。

 

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

党県議団が知事に予算要望

2015.11.10 11:17:24


  党県委員会と県議団は9日、2016年度の県予算編成と施策について上田知事に要望しました。要望は「戦後70年、戦争のできる国づくりをストップさせる県政を」をはじめ、国の社会保障切り捨て政策から県民を守り、福祉を充実させることや医療、防災、地域経済、教育などの施策推進を求めています。私は市町村の要望である子ども医療費無料制度の対象年齢拡大など制度の拡充を求めました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲