<<前のページ123456次のページ>>

予算要望に向けた各団体との懇談

2018.09.22 12:14:29



来年度の予算要望にむけた各団体との懇談が行われました。党県委員会から丸井副委員長、梅村さえこ前衆院議員、伊藤岳参院候補が出席。私は、午後の部に出席し、各運動団体の実情と国、県への要望を伺いました。安倍自公政権のもとで、労働者をはじめ、農業や医療、保育分野での困難な課題が具体的に示され短時間でしたが、有意義な懇談となりました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

災害対策で県知事に申し入れ

2018.09.22 11:50:01



9月18日、頻発する災害を教訓に党県委員会と県議団は県知事に災害対策の申し入れを行いました。飯島副知事が応対し、懇談しました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

2日間にわたる敬老会

2018.09.19 15:28:19



越谷市敬老会が16日~17日の2日間にわたり開かれ出席しました。全国では100歳以上の高齢者は69785人。埼玉県では2405人。越谷では87人。75歳以上は39千人余。いずれも女性が8割超。元気で長生きの秘訣は何でしょうか? 高齢者の暮らしや権利の現状を考え、誰もが安心して長生きできる社会の実現へあらためて取り組みを強める機会にしていくことが重要ではないかと思います。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

桶川市のコミュニティバス運行について視察

2018.09.14 23:23:53



党県議団と桶川市を訪問し、地元党市議も同席して、コミュニティバスについて話を伺いました。県内では63市町村中44市町村でコミュニティバス等を運行しており、桶川市は年間利用者数が33万人と高い。2社に委託し、運行路線は、東循環113便、西循環113便、東西循環(外回り)6便、東西循環(内回り)8便運航され、運賃は100円。平成29年度市の委託料は約6000万余。委託料は、必要経費から運賃収入を引き、その他の収入を引いた金額を市が負担しています。近年運行経費が高くなり、市の持ち出しが増えている中で見直し案が検討されているとのことでした。それにしても、コミュニティバス運行に市の財政支出がされていること、利用しやすい100円で実施しているなど越谷市との落差に驚きました。桶川市が責任をもって、市民の足の確保を重視していることを実感しました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

県政シンポジウム

2018.09.11 00:09:55



民主県政の会が1年後に迫った県知事選挙に向け「埼玉に暮らしたい、魅力あふれる埼玉県」をコンセプトに県政シンポジウムを開催。パネリストは、保問協の金子貴美子さんから待機児ゼロと質の高い保育制度をめざして、子ども・若者支援ネットワークの白鳥勲さんから子どもの貧困と格差、アスポートセンターの活動、前新座市長の須田健司さんから子ども医療の拡充と行政の役割について報告しました。

テーマ:県政・市政/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲