<<前のページ123456次のページ>>

越谷地区メーデーに550人参加

2018.05.03 14:27:41




  「8時間労働を守り、格差・貧困を許さず、労働者の雇用と生活を守ろう!」をスローガンに第58回越谷地区メーデーがコミセン小ホールで開催され、出席し、連帯の挨拶をしました。私は、国会で審議が始まった「働き方改革」一括法案に対して、残業時間を月100時間認めるなど過労死防止に逆行する働かせ方改悪であり、撤回すべき、メーデーの原点である8時間労働制をいまこそ守り抜きましょうと訴えました。

テーマ:共同行動/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

不動橋こいのぼりフェスタ盛大に開催

2018.05.02 07:33:21




 大相模地区コミ協主催の「不動橋こいのぼりフェスタ」に工藤市議の案内で参加しました。五月晴れのなか元気に泳ぐこいのぼり。こいのぼりは毎年地域の皆さんの協力とのこと。幼稚園の手書き大型こいのぼりも泳いでします。西方小の金管バンド演奏が始まるというので河川敷ステージ前の階段客席は満杯です。模擬店も大繁盛。役員の方々や模擬店で奮闘している実行委員の皆さんに挨拶しながら、私もフェスタを楽しみました。

テーマ:自治会/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

南摩ダム予定地を視察

2018.04.29 10:31:23



  党 県議団は4月26日、思川開発事業として工事が進められている鹿沼市の南摩ダム予定地を視察しました。この事業は、思川の支川南摩川に南摩ダムを建設し、洪水調節を行うとともに、思川支川の黒川、大芦川と南摩ダムを導水路で結び、水を融通しつつ水資源開発を行う事業で1969年から2024年度までを工期に進められており、総事業費は1850億円です。南摩ダムと導水路によって、栃木県、鹿沼市、小山市、古河市、五霞町、埼玉県及び北千葉広域水道企業団の水道用水として新たに供給を行うとしています。

 

ダム本体工事の前に、施行箇所に南摩川の水が流れ込まないようにするため、川の水を「仮排水路トンネル」に迂回させるトンネルと放流管 敷設トンネル工事が行われ、平成23年3月に 完成しています。
党県議団は、当初予算のなかに八ッ場ダム、思川開発に93億円計上されていることに反対しました。水需要は充足している中で、新たなダム建設に多額の費用負担をすべきではないとの立場です。

テーマ:調査・視察/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

グローバルアクションin埼玉

2018.04.16 18:50:23



「世界で一番企業が活動しやすい国」を掲げたアベノミクスの新自由主義改革が推進されるもとで、格差と貧困が加速度的に拡大し、非正規労働者は増え、労働者・国民の暮らしはますます苦しくなっています。

大宮駅西口で「最低賃金1500円に」とプラカードを掲げ「グローバルアクション㏌埼玉」が開かれました。集会では、主催者の埼労連議長から挨拶があり、私も県議団から激励あいさつしました。リレートークは長時間働いても生活がやっとという若者、非正規と正規の仕事が同じなのに身分は劣悪な現状など訴えられました。集会後、鐘塚公園までコールしながらパレード。

テーマ:共同行動/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

県平和委員会がオスプレイの横田基地配備中止を要請

2018.04.11 13:20:29



埼玉県平和委員会がオスプレイの横田基地への配備中止を国に求めるよう知事宛に要望書を提出しました。機材部が応対し、県議団も同席しました。要請書では、MV22オスプレイが墜落、緊急着陸、部品落下などを頻発させ、、配備以来重大事故率が倍増していることを指摘。敵地侵入などの特殊作戦任務につくCV22が横田に配備されれば、人口密集する東京や埼玉の上空を飛行することが常態化することは明らかだとし、MV22よりも危険性が高いCV22の横田配備は、東京都民はもとより、埼玉県民を含めた周辺すべての市民の平和的生存権を脅かすものであり、中止を求めています。

テーマ:住民要望/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲